抜け毛 シャンプー|女性におススメなのは?

市販されているシャンプーには界面活性剤が使用されていますが、これが抜け毛の原因としてよく取り上げられます。
そのため、界面活性剤が使われていないシャンプーを探している方も多いと思いますが、この成分はすべてのシャンプーに入っています。
界面活性剤というのは別名乳化剤とも呼ばれていて、水と油の境目(界面)を混ざりやすくするもので、シャンプー以外でも水と油を使っているものにはすべて使われているのです。

 

抜け毛というのは、界面活性剤によって起こるのではなく、石油系など化学物質が合成されて作られた界面活性剤が原因の一つとなっています。
石油系合成界面活性剤は、浸透性が高くしかも非分解性という性質を持っています。
皮膚への浸透性が強力なので、頭皮に付着するとバリアを破壊しながら、どんどん奥へと浸透して毛根組織などにダメージを与え、髪の成長がストップします。
普通なら、こういった毒性の強い成分が浸透しても、体内で分解されて排出されるのですが、石油系合成界面活性剤は完全に分解することができないため残留してしまいます。
もちろん1回使っただけで大量に残るわけではありませんが、シャンプーというのはほぼ毎日使うため、日々蓄積されていきます。
これが10年、20年経つと、蓄積した有害物質の影響によって抜け毛が引き起こされてしまうのです。

 

そんな抜け毛を改善するには、石油系合成界面活性剤が使われていないリンレンシャンプーがおススメです。
リンレンシャンプーももちろん界面活性剤が使用されていますが、ヤシ油やアミノ酸系の活性剤を使用しているので、頭皮や身体への悪影響はいっさいありません。
天然由来の活性剤は、刺激も少なく、長年使った石油系合成界面活性剤のダメージを回復して、頭皮環境を改善してくれます。
また、アミノ酸系成分は保湿効果も高いので、頭皮を柔らかくして血液の循環をスムーズにして、弱った毛根に栄養を届ける効果が期待できます。
さらにリンレンシャンプーには血行を促進するショウガ根油が配合されているので、抜け毛を改善したいという方はもちろん、薄毛になりたくないという方にもおススメなのです。

 

 

 

 

頭皮のかゆみ・フケよさらばだ!シャンプー完全ガイド〆(..) | ラフィー シャンプーの口コミ・評判